前へ
次へ

家族葬のメリットとデメリットとは

親戚付き合いの移り変わりから葬儀形式も変化があります。
そして、家族葬に決める家も多いといえるでしょう。
これは親族だけで送りだす葬儀形式です。
遺族からしても時間的に余裕を持ってお別れ出来るとして申し込む家が増加しています。
それに加えてスケールが小さいことから、葬儀コストも軽減する事が出来ます。
家族葬の形式を採用している葬儀会社も少なくなく、セットプランとして準備している所も非常に多くあります。
その一方家族葬にする事でデメリットも見受けられます。
葬儀終了後に弔問を望むケースが非常に多い事、あるいは一部からは家族葬自体に反対の声がある親戚がいる可能性があります。
しかしながら次第に葬儀方式としてとらえられており、選ぶ家庭も多いといえます。
こうした葬儀に対する捉え方も各々であり、とくに故人から残されている遺族にお金の面で心配する事もあります。
一方、故人のリクエストで生前に決める人も多く、これから先も採用する家は増えていく傾向にあります。

Page Top