前へ
次へ

家族葬の費用面の留意点

家族葬のいいところは親しかった方だけで別れを偲ぶことが可能なことですが、ほかにもメリットがあります。
それは必要となる費用のリーズナブルさです。
標準的な葬儀を実行した場合、葬儀に関する費用だけで100万円をオーバーすることも結構見られますが、家族葬でしたら40万円で実施することができます。
残されている遺族のその先の暮らしを考えれば、葬儀に対してたくさんのお金を充てるのは現実性がありません。
家族葬はこうした問題点もクリアできる事が想定出来る新たな形での葬儀のスタイルでもあるのです。
しかしながらコストに関しては注意を払っておくこともあります。
それは香典に対しての課題です。
ごく一般的な葬儀時に参列者が持参する香典は、互助のロジックに基づくものでもあります。
参列者から手にした香典を葬儀に関する費用に充当することで、遺族のお金の面での負担を軽減させようとしているといえます。
これが家族葬になると、もちろん香典の額は大きく減ります。

Page Top