前へ
次へ

家族葬は、今後、増える可能性が高い理由

家族葬が増えている理由は、親族同士の交流の希薄さと、核家族化が原因として主に説明されています。
ただし、増えている理由は、それだけではありません。
若い時代に、地方から都会へ進学された人の中には、その都会で仕事を行い、子供を育てられた人も割と多くいるはずです。
子供にお墓の管理やお墓を引き継いで欲しい人の中には、都会で新たに自分たちの墓を求められている人も増えています。
この需要は割と多く、親族が地方にいるため、家族葬で済ませる割合も増えているのです。
日本は、少子高齢化の傾向がありますが、都会は、人口が増えている傾向にあります。
その結果、地方は、経済が成り立たなくなる環境も増えている中で、仕事求めて若者が都会へ行く傾向も高まっているのです。
これは、今、始まった内容ではありません。
都会に住む、お年寄りの間の中でも、人間関係がそれほど多くない人が増えている環境において、今後、更らに家族葬は、増えていくでしょう。
この傾向が増えれば、この傾向が一般化し、常識としての当たり前の姿に変わっていく可能性も考えられます。

Page Top