前へ
次へ

家族葬をスムーズに行う方法

葬儀といえば一般葬で多くの参列者がいることが当たり前とされていたのは、一昔前のことであり、近年では規模の小さな葬儀を望む人がかなり多くなりました。
そのことから身近になったのが家族葬であり、需要を高めていることは間違いありません。
身近になってきているとはいっても、しきたりを大切にする田舎に住む人や、高齢者の中にはまだ家族葬に理解を示さない人もいるので、独断で家族葬にすると決めてしまうとトラブルに発展する可能性もあります。
そうならないためにも、まずは周囲から理解を得ておくべきです。
できれば生前に本人の口から、家族葬にすると伝えてもらうと良いのではないでしょうか。
後々参列したくてもできなかったという人が多く現れそうな場合には、後日改めて偲ぶ会やお別れ会を開催するなどし、別れの機会を設けることも大切です。
予期せぬトラブル回避のためには、事前にしっかり準備しておくことが大切になるということは、間違いありません。

Page Top